利尿剤ラシックス

ラシックスの作用と効果

ラシックスの血圧降下作用

血管に高い圧力が加わることで引き起こされる代表的な病気として以下のものが挙げられます。

・高血圧
・脳卒中
・狭心症
・心不全による弁膜症
・心筋梗塞


ラシックスは即効性の高い利尿薬です。
腎臓でつくられる尿の量を増やし、体内にある余計なカリウムやナトリウム、水分を体外へ排出することで血圧を下げます。
その特性から、上記の治療に用いられています。

数ある利尿剤開発社の中でも中心的立場といえるアベンティスファーマ社が開発した由緒正しい薬といえます。

ラシックスは利尿効果を期待する高血圧の疾患に対しては特に第一選択薬とされ、腎機能が低下している腎性浮腫や心性浮腫、悪性高血圧、尿路結石といった場合でも排出を促進するのに用いることができます。

腎臓には身体にとって不要な老廃物がつまった血液も送られてきますが、中には身体に必要なものも多く含まれる為、そのまま送られてきた原尿全てを捨てるわけにはいきません。

ラシックスの主成分であるフロセミドは、腎臓の尿細管の塩分と水分の再吸収を抑えながら尿量を増やすと同時に血液の無駄な水分を減らします。
そして血管壁のナトリウムや体内のカリウムを体外へと排出し血圧を下げる効果があります。

ナトリウムは水分と一緒に体内を移動する性質を持っています。
そのことからも分かるように、ナトリウムが吸収されると同時に水分も膀胱への移動中に血液中へと吸収されてしまうという仕組みです。
本来は尿として排出されるはずの原尿の大部分が血液中に再吸収されてしまうのです。

腎臓から膀胱へと繋がる管には、近位尿細管、ヘンレループ、遠位尿細管、集合管の4つがあります。
この中の1つ「ヘンレループ」という近位尿細管の終端部分から遠位尿細管の始まりの部分の場所にナトリウムを血液中へと再吸収する機能があります。
ここでナトリウムが吸収されると同時に水分も一緒に吸収されるので、身体全体の血液量(水分量)が増え、血圧も共に上昇してしまいます。
そこでこのヘンレループと呼ばれる場所でラシックスの主成分であるフロセミドを利用し、余分なナトリウムが血液中へと吸収するのを阻害するのです。
その結果、吸収を妨げることで尿量を増やすと血圧が下がります。

この作用を利用した利尿薬を「ループ利尿薬」と呼びます。

ラシックスのむくみ解消作用

わたしたちの身体は約60%の水分からできているといわれ、1日に摂取する水分は約1.5リットル、尿として排泄するのは約1.3リットルとほぼ口から摂取した水分量と同じだけの量しか排泄されていません。

身体には「原尿」という膀胱へ到達しなかった余分な水分が常に大量に蓄積されているのです。

腎臓は、糸球体という非常に目の細かい場所で血液を濾過をし、不要なもの、必要なものとを選別していきます。
その際、糸球体で濾過されたものを原尿といいます。
この原尿は150㏄もありそのまま全て排出されることはなく、体外に排出される尿は全体の約1%ほどで1.5㏄~1.8㏄といわれています。
このことから考えても、わたしたちは常に多くの余分な水分や老廃物を抱えたまま生活をしていることになります。

これら余分な水分は心臓や腎臓、または肝臓の働きを低下させます。
そして身体に水分が蓄積した結果、浮腫(むくみ)が生じます。

このむくみというのは血管に老廃物が溜まり、血液の循環を邪魔して血管の中が行き止まりの状態になっている事から引き起こされる症状です。

皆さんもエコノミー症候群という言葉を一度は耳にされたことがあると思います。
これは、一定の姿勢で長時間のフライトをしていると身体の中の血管が固定した姿勢のまま固まってしまい、血液が流れにくくなってしまう、重度の浮腫の症状をさしています。

これらのむくみを解消するにあたって「利尿」は大きなキーワードといえますが、数ある利尿剤や利尿薬の中でも現在ひときわ注目されているのがラシックスに含まれるフロセミドという主成分です。

ラシックスの利尿効果は非常に高く、既に販売されている利尿剤では効果を得られなかった症例もフロセミド成分を含んだたラシックスを服用することでむくみが瞬く間に解消されたという報告は多くあがっています。

また利尿効果が持続する時間が約6~8時間と短く、服用量と効果が比例することによって利尿の調整がし易くなり、同時に心性浮腫や肝性浮腫にも効果を示してくれます。

ラシックスはこんな方々に向いています

特に女性においては月経前後の浮腫みやPMS(月経前緊張症候群)といったホルモン周期にも効果的に働きかけます。
女性ホルモンとむくみの関係を利用することで、月経痛の緩和につながります。

更に、血液の循環を促進することでダイエットにも大きな効果があり、むくみを解消すると「太りにくい体質」を手に入れることができます。

血液の循環をよりスムーズに促し、余分な老廃物の詰まった水分(血液)を尿として排出することが出来れば、むくみや水太りが原因のダイエット対策としても有効です。

ただし、ラシックスによるダイエットは脱水症状を引き起こすこともありますのでご使用の際には十分注意して服用してください。

ラシックスのダイエット効果

ラシックスの服用方法

通常、成人は1日1回2錠から4錠を服用します。
飲み始めてから数十分程度ですぐに効果が現れ、尿が多く出てきます。
そのため、通勤時や車の運転など、トイレへ行きにくい時間帯は避けるよう工夫をしなくてはなりません。
血圧低下に伴うめまい、ふらつきが現れることがありますので、高所での作業、運転など危険を伴う機械の操作には注意してください。
就寝前に服用しますと睡眠の妨げになる恐れもありますので、なるべく日中の時間帯で服用することをすすめています。

ラシックスの副作用

主な副作用としては口の渇きや倦怠感、頭痛や吐き気などといった報告があります。
あまりにも副作用の症状が酷い場合には医師もしくは薬剤師の方に相談してください。
また、以前に薬を使用して、かゆみや発疹などのアレルギー症状が出たことがある方や、無尿、妊娠または授乳中の場合には使う前に必ず医師への相談が必要となります。
他に薬を服用してる場合はお互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もあるので同様のことが言えます。

ラシックス服用における注意点

ラシックスの購入方法

現在開発されている利尿剤の中で、即効性と利便性、また利尿性を兼ね備えながら高血圧等の病状を治療し、むくみを解消することができる薬はフロセミドを主成分としたラシックだけと言われています。

ダイエットやむくみ取りとして日常的に利用する人も多い薬となり、ますますその需要は高まるばかりです。

ラシックスは病院で処方してもらうこともできますが、インターネットの海外医薬品通販サイトで購入することもできます。

インターネット通販であれば、価格も安く手軽に入手することが可能です。
購入をお考えの方はぜひ当サイトで紹介している薬通販サイトをご利用になられてください。

むくみの原因
日常生活で発生するむくみの原因を解明
むくみと病気
むくみが発する見逃せない体のアラート
むくみ解消術
今日からはじめるツボ押し&ストレッチ
むくみと利尿
フルーツやお茶で利尿を促しむくみ解消!