利尿剤ラシックス

日常生活によるむくみの原因

日頃起こり得るむくみ

「靴下や下着のゴムなどの跡が残ってしまう」

「脚に倦怠感があり常に手足が冷たい」

「アキレス腱が見えない」

「指で押すとへこんだまま元に戻りにくい」

このような症状でお悩みの方は多くいらっしゃいます。

これらはすべてむくみが原因で引き起こされる症状です。

むくみの原因やメカニズムを知ることで、改善方法を見つけ出すことができやすくなります。
改善したい、予防したいという場合には、原因やメカニズムを探ることがまずは大事です。

代表的なむくみの原因

一般的に、むくみの原因には水分や塩分の過剰摂取が関係しているといわれています。。
また、長時間座ったままであったり、立ったままで過ごすこと、同じ姿勢をとり続ける仕事や、体を動かさない長時間の作業などによる疲労、そして睡眠不足も、むくみの大きな原因といわれています。

しかし、一概に原因といってもそれらは様々で、妊娠などに見られる一過性のむくみの場合もあれば、内臓疾患などの大きな病気が原因のむくみもあります。

注意することは「いつものむくみ」と安易に考えないことです。
状態が継続する場合は病気のサインとしてのむくみもあり得るので、病院で検査をすることも重要です。

むくみの症状があらわれる病気は主に、高血圧症、心臓病、心不全、腎炎、ネフローゼ症候群、肝硬、などが挙げられます。

むくみは体内機能の低下を教えてくれる体の注意信号であり、軽く捉えすぎずにきちんと向き合うことが必要といえます。

むくみの原因と詳細

塩分の過剰摂取

塩分を過剰に摂取すると細胞の浸透現象の関係で血管の外に水が染み出してしまい、腫れた印象をもたらします。
摂取と排出のバランスがうまく取れていないからです。

同じ姿勢で長時間過ごすこと

水が一定の同じところに溜まってしまい、膨張してしまします。
夕方頃に足がむくむ原因は、夜になるにつれ重力の影響で水分がゆっくりと下半身にたまっていくからです。
また、朝に顔がむくむのは、水分が均一に身体全体へと分配されることからです。
脚のむくみは女性の場合、ヒールの高い靴を長時間履き続けることでも起こることがあります。

冷えによる血行不良

冷えは血流を強張らせ、循環を悪くします。
筋肉の疲れをもたらしやすい冷えは、筋肉が緊張するにつれ身体に血行不良を引き起こします。

運動不足などからおきる代謝の低下

慢性的な運動不足は、筋力はもちろん筋肉量も低下します。
筋肉量が低下するのに比例して、基礎代謝をも下げ、新陳代謝が悪くなります。

ホルモン

女性は月経開始1週間前後はホルモン濃度が大幅に変化することでむくむ人が多くなります。
排卵日には身体が妊娠する準備をする為むくみやすく、そして太りやすくなります。

ビタミンやミネラルの不足

主にカリウムやカルシウム、マグネシウムの不足はむくみに大きく関係しています。

むくみがもたらす悪循環

日常の習慣からもたらされるむくみは、血中の余分な水分に含まれた「老廃物」が主だった原因です。
体内に余分な水分が溜まった状態のままだと老廃物が排出されず、肥大化し、その周りの血管やリンパの管をも圧迫するのでさらにむくみが生じます。
そして結果的にお腹周りや足、顔に老廃物が付き、体重が増えていってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

むくみはリンパの流れも悪くなり、美容の大敵といわれているセルライトも下半身に出来やすくなります。
このことからも、美容にもむくみは密接に関係しているといえるでしょう。

ダイエットと美容に有効なラシックス

このように、日常生活においてもむくみは発生します。
気になる習慣がある場合には、特に気をつけた方がいいかもしれません。

むくみを改善するためには、血流を良くすることが大切です。
自宅で簡単に自分でできるむくみ対策として、マッサージが挙げられます。
リンパの流れに沿って、軽くさするようにするだけでも、随分と効果は違ってくるはずです。

また、普段から、むくみを生じさせないような生活を心がけることも大事です。
就寝前に水分や塩分を撮り過ぎないようするだけでも、かなり違ってきます。
半身浴をして、ゆっくりと余分な水分を出すようにすることも効果的です。

余分な水分を体内に溜め込まないようにすることがむくみ対策の第一歩といえます。